長らくST-310を使っていて(基本オートキャンプですが)、個人的に感じたメリット・デメリットを備忘録的に書いてみようと思います。


もしかすると、使ってくうちにまた変わってくるかもしれませんが、現時点で感じるのはこんなことであります。



(ST-310 新富士バーナー 公式サイトより)
image
image


ST-310のいいところ(メリット) 

CB缶が使える = ランニングコストが安い

CB(カセットボンベ)缶とはいわゆる100円ショップでも売ってるカセットガスです。これはランニングコスト的にも、入手しやすさでも超メリット。(OD缶=アウトドア缶はその名の通り、売ってる場所がアウトドア用品ある店に限定されてしまう)
燃料費が安いと、躊躇せずにガンガン使えるのもいいです。
そして、カセットガスは100円ショップで買うより、ホームセンター、スーパー、ドラッグストアで、3本セットなどで特売で買えば一本税込100円以下で買えます。

よく「同じメーカーのカセットガスじゃないとダメなんじゃないの?」と聞かれますが、バーナー(ストーブ)のメーカー説明書には確かにそう書いてあります。でも、日本国内では阪神大震災以来、CB缶はJIS規格で統一されてます。なので、各社のカセットガスが共通で使えます。(京都府の解説http://www.pref.kyoto.jp/shohise/15400109.html )
価格が違うのは、中身のガス種類が違う(低温対応可能のイソブタンなどは高価)場合か、ブランド料です。

もちろん、自分はSOTOやイワタニのカセットガスを・・・、ではなく、安いカセットガスまとめ買いして使ってます。


ゴトクがしっかりしてる(比較的)

OD缶用のシングルバーナーと比較すると、格段に安定性があります。ガチ山派だと荷物をいかに最小最軽量にするかが課題なのでOD缶用のシングルバーナーを使うでしょう。でも、レジャーのキャンプは移動も車かバイクでしょうし、そこまでシビアで高コストな道具は必要無いです。
なので、CB缶使える上にゴトクの安定感の高いのはとても魅力です。

ただ、ゴトク安定感高いといってもダッヂオーブンは無理す。そこまでの安定感ではないのでご注意を。あくまでシングルバーナーの中ではという話ですね。
ゴトクの脚のステンレスがあと1mm直径太ければダッヂもいけそうだとおもうんですけどね。新富士バーナーさん、ぜひ脚太カスタマイズ版も出してほしいもんです。あ、でも長時間煮込むダッヂ料理だと、直付けガスボンベが輻射熱で危ないか?


畳むとコンパクト

ゴトクしっかりしてる割に、畳むとコンパクトになり収納性がいいです。
買うときに必ずといっていいほど比較して悩むであろう一品が同じくSOTOの分離型シングルバーナーST-301 http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-301/ 
SOTO ST-301 単品6,640円〜(Amazon、楽天だと最安値は楽天にあり) パワーガスとのセット6,640円〜(Amazon、楽天だと最安値は楽天にあり) つまり、ガスボンベとのセット商品を買うのがお得です。

↑こっちのがゴトクしっかりしてて、分離してるので輻射熱問題もなくダッヂオーブンもOKです。
んが、畳むと微妙にかさばる上に、長期使うとつなぐチューブのメンテナンスも面倒そうで。
それはさておき、分離型のST-301ではなく、ST-310を選んだ理由は、レギュレーター付きと収納性が大きな要因でした。


火力が強くレギュレーター付き

火力物凄く強いわけではありませんが、この価格帯のシングルバーナーの中では強い方です。そして、レギュレーターとう機能が付いてるのが魅力。

普通のシングルバーナーだと低温時には気化熱等で温度不足によりドロップダウンという現象が起こり、燃焼できなくなることがあります。要するに、温度が足りなくなりガスボンベ内のガスが気化できなくなる=つまり、寒いと火がつかなくなってしまうのです。
そこで役に立つのがレギュレーターです。詳しくは公式サイトで見てもらうとして、つまり低温時でも気化しやすくして使えるようにしてくれるわけです。

100円未満の普通のカセットガスでも実際に外気温5度くらいまでは余裕で使えてます。我が家は雪中キャンプはしないので、低温やドロップダウンで火がつかないなどの事態に陥ったことは一度もありません。雪中キャンプのときはイソブタンなどのガスを使ったパワーガスなど使えばいいでしょう。


機動性が高い(すぐ使える)

これはツーバーナーやガソリン系と比較したら圧倒的なメリットです。取りだしてゴトク部を開き、ガスボンベを付けたらすぐ使えます。小さいので、置き場所も選びません。とにかく機動性の高さは魅力です。ゴトクを兼ねる脚がしっかりしているので、どこにでも置けるのがすごくいいです。脚の小さいシングルバーナーだと、意外と場所を選ぶ必要がある場合があります。

面倒くさがりな自分にとって、設置が簡単ですぐ使えるというのは超メリットですね。


なんか男心くすぐる

道具、特にキャンプ道具はこれが一番大切なのかもしれませぬ。機能美ですかね。イワタニのジュニアバーナーも安くていいんですが、なぜか自分はST-310のが気分がアガります。虫っぽいメカ感があるから?(笑)
イワタニ ジュニアバーナー
3,480円〜4,980円 (2017年2月時点 Amazon、楽天では楽天に最安値あり。)
ST-310より千円近く安いのは魅力的。以前は韓国製だったけど、今はSOTO同様に日本製になったのもいいですね。複数台シングルバーナー買うならこれをその中の一つにするのはいい選択だと思います。



ST-310の思ったほどではなかった所(デメリット?)

防風性はほぼなし

レビューやブログなんかで「けっこう風にも強かった」みたいなことを書いてあったりしますが、そんなことないです。強風来れば即消えます。最大火力の状態ならなんとか持つかも?でもそうすると燃費悪いです。

ちなみに、防風対策は300円の激安ウィンドスクリーン工作で解決しました。


大鍋や大フライパンは乗せにくい

ゴトクが同等サイズ他品より安定してるとは言え、所詮シングルバーナーのゴトクです。思ったよりは頑丈ではありません。そして、デッカイものは乗せにくいです。ダッヂオーブンは無理です。そもそも輻射熱でボンベ加熱が危険なのでダッヂオーブンはやめた方がいいかも。
でも、キッチンで使う鍋は意外と普通に使えます。鍋底直径20cmくらいはいけてます。キャンプにそんな大きな調理器具持っていかないので、困ったことは実質無いです。

脚が熱くなる

ゴトクと脚がステンレス棒を曲げて成型した一体なので、加熱してゴトクが加熱されれば脚も熱くなります。ステンレスの熱伝導ですから、脚はもちろん触れないほど熱くなりますので御注意ください。
でも、シリコンチューブをはめれば、熱さ対策もできる上に滑り止め効果もあって一石二鳥の効果があります。シリコンチューブ買って付けるだなんで、300円以内でカスタマイズできちゃいます。



思いつくデメリットはそんなところでしょうか。 感じてるデメリット少ないですね。自分、たぶん満足してるのでしょう(笑)



そんなお気に入りのST-310ですが、お得に買う方法も書いてみましたので、こちらもぜひどうぞ。


http://cospa-camper.blog.jp/archives/17546901.html



シングルバーナー選びで迷ってたら、ぜひオススメです。特に、ランニングコストが安くて機動性の高いものをお探しの方はST-310を選んでおけば間違いないと思います。 個人的には、キャンプ同行人数多い時に備えてもう一台買おうかと悩んでいるくらいであります。

ガスバーナー選びの参考になれば幸いであります。