冬キャンプの楽しみと言えば焚き火。

IMG_3737

晩秋から冬のキャンプ場では、枯れ枝があちこちに落ちているので、ちょっと落ち枝拾い頑張れば薪を買わずに済んでしまうことも。
写真はサクラの枝が多かった時。

樹種は選べないものの、一晩分の燃料に困らないくらい集まるもんです。


人数がいる時は、焚き火台を使用。自分が愛用してるのはユニフレームの焚き火台ファイアグリル。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ユニフレーム ファイアグリル2点セット(683040、オリジナルケース)
by カエレバ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
掃除もメンテナンス一切してないですが全く問題なく使い続けてます。面倒臭がりなナマケモノの自分にピッタリ。


そんなファイアグリルですが、一人で焚き火するときにはちと大掛かり。
1人用としては荷物が嵩張り、荷物をシンプルに最小限にしたい時には持って行くのが億劫。


そんなワケで、一人でササっとミニマルに焚き火をするための道具が欲しくなったのです。




一人用焚き火道具(ストーブ)

有名なのはソロストーブ。見た目も無骨でかっこいい。『二次燃焼』という言葉をキャンパーに知らしめた商品ではないかと思います。

『二次燃焼』の機能は、ザックリ言うと物質の燃える成分が煙で無駄に排出されるのを抑え、気化した燃焼成分をストーブ内で循環させてうまく燃やし燃焼効率を高めることです。詳しくは(他の)ウェブで。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Solo Stove ソロストーブ
by カエレバ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし、お値段も立派。一万円弱と、軽い気持ちで試すには難しい。

されどこの二次燃焼機能のあるストーブが欲しくなりました。



そんな時、頼りになるのがAmazonの中華アウトドア用品。二次燃焼機能のある類似品がよう出ております。しかも、独自に改良までしてあったりして。


これらの中華ソロストーブは多数でてますが、たいてい『ウッドストーブ 』という品名で販売されているようです。どれもステンレス製で耐久性もそこそこありそうです。

元々はソロストーブをパクったんでしょうけど、中華ソロストーブは、セパレート式でコンパクトに収納できるよう改良されている物が多い。


安いのだと1500円くらい。(安っ!)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こちらはゴトクが3本。上記ソロストーブと同じような仕様。




このウッドストーブを購入

「こちらを見た人はこちらも」を見れば、類似品多数あり。
その中から買ったのはこちら↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イレグロという中華メーカーのウッドストーブ 。 

中華製で類似品が多数出てたけど、同型と思われる中でこれが一番安く、2,200円ほどでした。
ステンレスの種類は分からないものの、ソロストーブの1/4ほどの価格 。これなら失敗しても許せる。

パッと見はさっきのと同じように見えますが、ゴトクが4本。

選んだポイント
・ゴトク脚が4本で安定感良さそう
・ゴトク脚が外側に展開して広がる
・セパレート型で収納コンパクト


さっそくポチり。
Amazonからの発送は早い。2日後に着荷。




イレグロ ウッドストーブを観察・サイズ採寸

Amazonに掲載されてる仕様は以下の通り。
> 商品の仕様:
> 素材ステンレス製
> 組み立てたサイズ:13.5x 19cm
> 重さ約400g
> 折りたたみ式でメッシュの収納袋付き。

IMG_5096
箱を見た第一印象は「小さっ!」

IMG_5099
メッシュケースに入ってる。
説明書は無い。 

FullSizeRender
メッシュケース入った状態でも14cm以下の直径。コンパクト。

IMG_5131
高さは7.5cmほど。

IMG_5132
ポリ袋に入った状態。

FullSizeRender 
直径13.5cm

FullSizeRender
高さ7cm

FullSizeRender

IMG_5101
パーツごとに分けた状態。写真撮り忘れたけど、これ以外にアルコールストーブ用の小皿があります。

FullSizeRender
組み立てた高さは約19cmほど。
説明書は無いので、Amazonの商品画像を見ながら組み立てます。

3E053A63-4859-4B48-BE63-12D3B994CF08
ゴトクの間隔は7cmほど。
安定して乗せるには鍋底は8cm以上必要そう。

77418CAD-A9CD-47E1-938F-B231BA64EC04























ゴトクを開いた状態。

FEF9F5B1-3CC6-42BE-BEBB-4717B930CFB6

98F7432D-CF17-4B03-ABA5-C523CA1C2D39
ゴトクの最大幅は15cmほど。

C3B38B53-FCC9-4405-969A-D44A4CA7A733
300mlサイズのシェラカップ を乗せてみる。

84B87FF4-C3FA-4EDD-9CCF-80A8F388169A
ズレる。300ml程度のサイズのシェラカップ は置けない。

E0EB1103-F003-4DFB-8181-36486464211A
デカいシェラカップ なら安定して乗ります。
写真はキャプテンスタッグ ビッグシェラカップ630ml
湯沸し、焼き物、丼代わり、と、何気に調理に多用してる愛用品。ちなみに3つ持ってます。(妻には内緒)

1E267AA4-9767-487C-B802-7771EE37D1F5
燃料となる薪(小枝)を入れる口幅は5.5cmほど。


9BD4C578-D2A5-461B-AC7D-993A1286413A
クッカーを乗せた状態で薪を入れるイメージ。

71D81CDD-6F38-4508-B46C-43FA38A037B6
クッカーを乗せた状態だと、12cmより短くしておかないとスムーズに薪投入できなさそうです。
少なくとも薪は15cm以下にはしなくてはならないでしょう。。


23F956CD-13E4-47D9-9102-6B939CC0471E
その辺の枝を入れてみたイメージ。

FD381E32-4920-40A4-859E-4D5AC0D58C8B
けっこう薪が入る量は少なそう。

B01C3060-912F-44FC-A8DC-A992BE3BB872
枝は12cm程度にしておくのが一番入れやすそう。



住宅地なので流石に敷地で焚き火はできませぬ。
次は、キャンプ行って実戦投入してみたいと思います。


2,200円ですが、質感悪くないです。ヤワな感じでもなくしっかりしてます。タイムセールとかあればもう少し安く買えるのかも?

これでちゃんと二次燃焼が機能するなら収納もしやすくコスパ良しでしょう。
使うのが楽しみ。