まだまだ寒い・・・。暖房したいけどキャンプの荷物は減らしたい。
ということで、キャンプ常備道具で応急処置的に暖を取れないか試してみました。

IMG_9992

使ったのは
・SOTOレギュレーターストーブST-310
・ユニフレームのバーナーパッド Sサイズ 2枚

※もちろんメーカー非推奨の禁じ手
バーナー(ストーブ)は長時間の加熱を目的とした暖房器具ではなく、調理用器具です。
軽い気持ちでやると一酸化炭素中毒・火傷・火災の危険があります。特に子どもがいる時は事故の危険があるのでやらないように。

-------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------



遮熱板必須(ガスボンベ過加熱対策に)

ST-310に遮熱板をセットし、ゴトクにバーナーパッドを乗せる。
IMG_0024
ガスボンベ直付けタイプのバーナーの場合、必ず遮熱板を使いましょう。遮熱板を使わないと、ガスボンベが加熱されすぎて高温により爆発する危険があります。

というか、ガスバーナーを暖房替わりにするのはやめましょう。自分は自分の責任にてやっております。実際、危険がありました。いろいろアブナイす(一酸化炭素について後述)



ST-310の遮熱板を手に入れる方法は2通り。

1:通販で買う
2:自作する(自分で作る)

ちなみに、買う場合は下の3商品で入手可能。

↓SOTO純正 溶岩プレートのオマケで
-------------------------------------------------------------------

↓鉄板のオマケで(ちょっと鉄板欲しい)
-------------------------------------------------------------------
極厚バーベキュー鉄板4.5mm ST-310専用グリルプレート 遮熱板(ステンレス)付き
by カエレバ
-------------------------------------------------------------------

↓ヨコザワの盾(角鋭くバリとり作業必要)
-------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------

メルカリなどやネットオークションで、丸い遮熱板が売ってますが、100円ショップの排水口カバーを加工したモノは脚の隙間が多く遮熱効果が少なそうなのであまりオススメできないです。

(詳しくは過去記事参照)



買う以外の方法は自作。アルミ板で作れます。
道具があるなら材料費アルミ板だけなので安く作れます。作り方も難しくないと思います。
道具無いと道具代がかかるので、素直に上記の既製品買った方が安いかもしれません。
手間と時間もコストと考えると既製品買うのもアリです。

(遮熱板の自作作り方は過去記事参照)



コレを買おうとしたけれど

バーナーパッドで暖房しようと思ったキッカケはコレ。

-------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------

店で実物見たのですが、灯油ストーブのヒーター部分に使う特殊ステンレスを使用してる模様。ステンレス板を中に1枚入れた、シンプルな2層構造の筒でした。値段は3,000円弱。Amazonだと2100円くらいまで安くなってるタイミングもある模様。

サイズは直径8.6cm、高さ6cm、重さ約100g 。
大きくはないけど小さくもない。
高さ6cmというのが荷物のカサが増えるのが難点かと思い、購入に至らず。


機能としては、火(炎)を輻射熱に変えるという効果。


輻射熱・・・

輻射熱と言えば、アレを持ってるじゃないかと思い出しました。そう、アレです。

-------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------

ガスバーナーでの炊飯に欠かせない常備品、ユニフレームのバーナーパッド。ST-310にはSサイズを使ってます。

暖房テストするため、もう一枚追加購入ポチり。無駄遣いではなく実験への投資だと自分に言い聞かせる。薄いから収納スペースも取らないし、と、なぜか(誰に言うわけでもない)言い訳も頭の中で準備万端。



とりあえず室内でテスト

いきなりキャンプでやって失敗するのは悔しいので、家で実験。

IMG_9982
バーナーパッド1枚だと輻射熱が足りない上に、熱がかなり上に抜けてしまいます。上に暖気が抜けてしまうので周囲があまり暖かくなりません。

IMG_9984
ということで、バーナーパッド2枚重ねに。滑りにくいかなと思い、なんとなく互い違いに重ねました。新品のバーナーパッドが早速青茶色に焼けていきます。


IMG_9985
しばらく加熱。

IMG_9986
手を40cmほど上部にかざしてみる。いいあんばい。

バーナーパッド1枚だと火傷しそうなくらいの熱さでしたが、2枚にすると灯油ストーブに手をかざしたくらいの丁度いい熱になりました。

10ミシシッピーくらいは余裕。上に行く熱をかなり分散して周囲に熱を振りまいています。
(「ミシシッピー」が気になる場合は「バーベキュー、ミシシッピー、火加減」などで検索を。)

それでは、ST-310とバーナーパッド2枚 を使った、禁断の応急暖房テストスタート。
温度計は直接輻射熱が当たらないよう、アルミの防風板を二重にして隔離しました。



経過観察

IMG_9979
スタート時の室温は約14.8度。換気のためにドアを解放し、窓は外気を入れるためにほんの少し開けた状態です。

FullSizeRender
燃焼スタートから約1.5時間後。室温は約21.5度にまで上がりました。約7度上昇です。ドアを開け、窓を少し開けた六畳一間を温めることができました。

写真のように床に置いてリフレクターとしてアルミ板で熱を反射させるとかなり暖かく感じます。

これは成功。少なからず効果アリです。



暖房効果を上げるためには

コレをするだけで体感の暖かさが全く変わります。
IMG_0010
防風板(ウィンドスクリーン)を後ろに立てるだけ。

アルミで熱が反射され、輻射熱がこちらに飛んできます。アルミの防風板を1枚立てるだけでかなり暖房効果が上がります。
防風板は高さが高いほどいいと思いますが、とりあえずはいつも使ってるAmazonで買った安い防風板でも効果十分でした。

輻射熱を反射させるのは、灯油ストーブの背面にアルミ板が張られてるのと同じ状態ですね。




一時間半燃焼し続けたバーナー(ST-310の状態)

かなり加熱を続けてる状態ですが、遮熱板がかねり役に立ってるようです。

IMG_0016
シリコンを履かせた脚。シリコンつけてても流石に熱いです。バーナーパッドとゴトクが直接触れているため、脚も激しく熱いです。握ったら火傷する熱さになってるので注意を。


IMG_0015
床面は触れる程度の熱さで問題なし。
床が焦げたら困るので、ステンレス トレーと木材を敷いてます。

屋外でのキャンプでも、万が一下草焼いて火災にならないよう、ステンレス トレー敷いた方が良いかも。

アルミ製の自作遮熱板、とても役に立ってます(自画自賛)



一酸化炭素中毒の恐怖【危険・注意】

この後、もっと暖かくなるかと思って部屋を閉め切ってバーナー燃焼し続けてたら、数十分後には軽く頭痛がしました。おそらく一酸化炭素中毒の初期症状です。
密閉された場所での継続燃焼は危険です。新鮮な空気(酸素)が入るよう、必ず換気しながらバーナーは燃焼させましょう。

すぐに窓を全開にして換気しましたが、1、2時間は頭痛のような違和感が取れませんでした。

一酸化炭素、おそるべし。

青い炎で完全燃焼しているように見えても、一酸化炭素は発生しているようです。

身をもって危険を体験した、貴重な経験に。
熟睡してたり、油断するとアッサリ死ねる気がします。気付いたら一酸化炭素中毒で身体動かない、みたいな。本当に。要注意です。




早速、実戦投入

漢(ヲトコ)というやつは、道具を使いたくなる生き物です。

というわけで、急遽夜キャンプ行ってみました。

IMG_9846
色々あって、既に夜。急いでサーカスTCを張りました。とりあえず湯を沸かしてコーヒーを飲みました。

外気温は約4度。ちょっと後悔したくなる寒さ・・・。


IMG_9853
暗すぎて屋外のようですが、幕内です。テント内もしっかり冷えてます。

草などの植生と枯葉がもえないよう、スレンレストレーとアルミホイルで地面を保護。

ST-310の燃焼スタート。


結果

気温約4度から約1時間燃焼して、約5〜6度ほど上がりました。夜間の外気温は1時間後はもっと低くなってたと思うので、少しは効果があるようです。

ちなみに、気温の低下とともにドロップダウンで火の勢いが弱くなった時は、防風板をずらしてあえてガスボンベに輻射熱を当てると缶が温まり火力回復しました。
ただ、ガスボンベが熱くなると爆発の危険あるのでもちろんオススメはしません。というか、しつこいですが、バーナーを暖房に使ってはイケマセン。

ちなみに、CB缶一本で約2.5時間ほど暖房できました。


灯油ストーブや薪ストーブの、ようにポカポカのレベルにまではなりませんが、コールマンのヒーターアタッチメント程度の効果は十分に得られました。
アルミ防風板で輻射熱を反射させれば、体感はけっこうあったかいです。

ただし、暖かい範囲が狭いのでソロか頑張って2人用ですね。3人以上のキャンプでは厳しいと思います。


というわけで、ヒーターアタッチメントを2000〜3000円で買うのもいいですが、ユニフレーム のバーナーパッドを1000円×2枚=2000円という買い物の仕方もアリかと思います。
バーナーパッドなら調理時にも転用できるし、というかあった方が便利です。

バーナーパッド2枚使いで、ヒーターアタッチメント代替品、調理に使えることを考えるとコスパ悪くないと思います。



追伸:嬉しいオマケ

バーナーパッドが2枚になったことで、炊飯がさらにラクになりました。
バーナーパッド2枚使うと、さらに鍋底コゲにくくなり、薄いステンレスクッカー でも炊飯ラクになりました。

チタンクッカーは焦げやすすぎるため、既に手放してしまっているので実験できないのが残念ですが、チタンクッカーでもバーナーパッド2枚使えば炊飯ラクになるのではないかと思うほどです。



というわけで、結果としてはまずまず成功。ソロ時の暖房として使ってしまうと思います。一酸化炭素と火災だけは要注意で。(しつこいですが、バーナーを暖房に使うのは危険なので禁じ手です。)


ガスボンベ分離式のST-330が今年新発売となるので、ますます試してみたいと思ってしまった物欲の初春。
 
ST-330については、また別に書きたいと思います。ちなみに3月発売予定でしたが4月に延期。そして実は、密かに予約注文済みの自分。


花粉の飛散と物欲ともに、自分のキャンプシーズンもボチボチ スタートしたようです。
(花粉と物欲はどちらも邪魔だ、どっかいけ!と思うものの、無くならない厄介者。困ったもんです。)



------------------------------------------------------------- ------
-------------------------------------------------------------------


---
Amazonギフト券5,000円チャージで
1,000円分プレゼントキャンペーン

---


 

---